レメディーママ//ホメオパシー健康相談・エネルギーワーク・各種セミナー・勉強会・ヨーガ教室を開催しています。

自己紹介

               &ref2(): File not found: "swfu/d/t02200391_0240042711545401584.jpg";

              ライフアーティスト YOKO
                  斉藤 洋子

法政大学経済学部卒業、卒業旅行はインド放浪の旅。そこでヨーガと出会う。

  • インドでは、ホメオパシーが広く医療として取り入れられ、国の第一医学になっています。ガンジーはこれほど安価で安全な治療はないと言っていたようです。
  • インドは私の第二の祖国。インド人もインドの国土も食べ物もインド哲学も大好き。でも、まだその頃はホメオパシーには出会ってなかったんです。

卒業後は化粧品会社の総合職としてバリバリ仕事をする。
その後結婚・妊娠

  • 本格的にヨーガを始めたのは長女を妊娠中、安定期に入ってからです。
    郵便局でヨガのポスターを見つけ、直感的にこれだ!と思いました。その出会いが、今の私に繫がる素晴らしい出会いだったのです。
  • マタニティーヨガの主催はさいたまの助産院でした。
    後々、そこでホメオパシーにも出会うようになるのですが・・・それまでは、近隣の有名産婦人科に通院し、お産もそこでと思っていたのですが、マタニティーヨガに通ううちに、自分の自然性が目覚めていきました。
  • 自然の一部だと感じることで、より自然な出産がしたくなりました。実はすでに7ヶ月でしたが、無理を言って助産院でお産が出来るようにして頂きました。

自然なお産

  • 自然なお産と言っても実は厳しいんです。産まされるのでなく、自分で産む意識。それに向け心身共に万全に備えていくことが大事になります。
  • ヨガのおかげで安定してリラックスしたマタニティーライフを送ることができました。また、妊娠中はより自然に近くなり、感受性が高まる大切な時期だと感じました。
     
  • 花や自然の声が聞こえてきます。
  • 陣痛の痛み逃しはもちろんドッグポーズでした。アイアンガーヨガをしていましたので、夫が腰にまわしたバンドをずっと何時間も引っ張り上げてくれていました。随分陣痛は軽減されましたよ。夫に感謝ですね。出産後、俺も頑張った!!・・・と筋肉痛を痛がってました。
  • まさしく夫婦共同出産です!

現在はヨーガ講師として埼玉県内を中心に活動を行っています。

そして、時空礎調整・リューゼンの創始者である湯浅氏との出会いから、さらなる魂の覚醒のスイッチが入りました。

ホメオパシー、エネルギーヒーリングの施術、そしてその考え方をお伝えしていく事が天命だと思って活動しています。

「汝自身を知れ」

「汝自身であれ」

ホメオパシーとの出会い

出会い

  • 第二子妊娠中に大宮の助産院で出会いました。
  • それから、9年。
    長女はホメオパスにかかりながら、アトピーと喘息が治っていきました。

2011年3月 RAH(ロイヤルアカデミーオブホメオパシー/現CHhom)卒業

JPHMA(日本ホメオパシー医学協会)認定ホメオパス

  • ホメオパシーを家族の健康管理に取り入れて以来、病院にかかることもなくなりました。

日本ホメオパシーセンター埼玉宮代を開設。

しかし、症状が悪化し手に負えないと感じたり、命に関る時は必ず病院を受診してくださいね。また、ホメオパスは診断はしません。病院での検査も重要になってきますので、病院にかかりながら、上手くホメオパシーで出来るところはやっていくと良いと思います。
これからも日々精進し、皆様のお役にたてるよう、努力して参りたいと思っております。
          

powered by Quick Homepage Maker 4.25
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional